バッティング指導法を無料公開中

「リアルバッティング理論」
〜運動の原理原則に沿った正しバッティングフォーム〜 無料レポート

冊子イメージ
(PDF 16ページ)

体の構造、運動の原理原則にあった正しいバッティングフォームの指導法をご紹介。 私の経験がみなさまにとって、またその選手にとって有益になれば幸いです。

メールアドレス

(※ ご氏名とメールアドレスのご記入のみで数秒後に、無料レポートをご覧になれるURLを
メールで送信させていただきます。ボタンは決して2度押ししないようご注意ください。
2度押してしまうと今後お送りするメールマガジンが2通送られます。)

無料レポートのご請求をいただくと、野球の上達に役立つ無料メールマガジンもご購読いただけます。

スポンサーサイト

  • 2010.04.29 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


高校野球の秋季大会

 高校野球の秋季大会が各地で開催されています。

 
まだ、新チーム結成間もないチームが多いため
ミスが多く、見ていて疲れるゲームが多いです。(笑)


高校野球に関する情報はコチラ


すでに、負けてしまったチームは、
早くも来春へ向けて 始動しています。

私のバッティング理論を取り入れてくれている
群馬県内のK高校も一回戦で負けてしまいました。

10対13という 打撃戦でした。

そのK高校は91回を数える全国高等学校野球選手権の
群馬県予選でベスト8進出が最高(2回)という、
御世辞にも強豪校とは言えない学校です。


中学時代に中心選手として活躍した能力の高い選手は
ほとんど入学してきません。


K高校では、そのような環境の下、
「2年数か月の間に走・攻・守全てをレベルアップする事は難しい、
ならば何か一つの能力を伸ばそう」という監督さんの指導の下、
バッティングだけに特化したチームづくりをされています。


 細かい戦術は一切使いません。

 
 セーフティバントはたまにやりますが、
 進塁打のバントは一切しません。
 
 
 スクイズもヒットエンドランもしません。

 
 ただ、打つだけです。

 
 
 秋の大会敗戦後にK高校の監督さんと話した時の事、

 
監督さん:「打っても打っても、あれだけ点を取られちゃ勝てないなぁ、
でも、打撃力は見せられたかなぁ?ホームランも一本出たし。」

田中:「そうですね、打撃力は決して低くないと思います。
それにしても監督さんとこ、ホームランがよくでますね!」

監督さん:「ええ、お陰さまで田中さんの
打撃理論を私の指導にからませて以来、


最近4年間の公式戦24試合で
10本のホームランを打ちました。」

との事。



 4年間で24試合という事は、年間平均6試合です。


 
秋、春、夏と3回大会がありますので
各大会平均2試合づつしか試合をしてません。


そのレベルの学校で(失礼!)練習試合でなく、
公式戦で2.4試合に1本というのは驚異的な本塁打率です。


試合数に対する本塁打数は群馬県でも3本の指に入るでしょう。
(強さ的には下から数えた方が早いでしょうが・・・)


実は、この学校の事例が、
バッティングアカデミーのサイトのトップページに謳ってある
「体重50キロ台でもオーバーフェンスを打てるようになった・・・」
の件(くだり)です。

バッティングアカデミー スラッガー育成プログラム



監督さんが『私の指導歴の中での最高傑作』という、
3年前に在籍したY君は地元の中学の野球部時代は

8番か9番バッターで、身体も小さく、
およそ外野の頭を超す打球は打った事が無い選手だったそうです。


そのY君は高校3年になっても、

身長168センチメートル体重58キロと身体に恵まれず、
中学生に交じっても遜色ない体躯でしたが、


監督さんの指導の下、外野の頭をボンボン越える、
鋭い打球を打てる強打者になりました。


そして、夏の大会で満塁ホームランを打つのですが、
 一番ビックリしていたのは、
 
彼のことを知る中学時代の恩師やチームメイト
だったそうです。



普通に考えれば中学時代に下位打線に名を連ねた選手が
高校に入ってからスラッガーに変貌を遂げるという話は
あまり聞いた事がないですものね!


ちなみに、この時の夏の大会でもう一人の選手が
ホームランを打ちましたが、

その選手も身長165センチメートル体重56キロという、
Y君よりも、もっと小柄な選手でした。



K高校では最上級生になる頃には、ほとんどの選手が
フェンスを越える打球を打てるようになります。


そして、皆、バッティングが楽しそうです。



逆に強豪校の選手でも、振れども振れども、外野の頭を勢いよく
越えていくような打球を打てない選手がたくさんいます。


彼達の一部の選手は、野球で一番楽しいはずのバッティングが、
苦痛であるかのように見えてしまいます。



何故でしょう?


 
昨今、中学生でも、ある程度のパワーがあり、
いいスイングをしている選手はオーバーフェンスの
ホームランを打ちます。


第2次成長期を迎え、筋力的に伸び盛りの高校生が、
2年もの間、毎日毎日1キロ近い鉄の棒を振り回しているに、

オーバーフェンスできないのは、おかしいではありませんか・・・


「飛ばすのは持って生まれた才能だよ」、
という話をよく聞きますが
 
150メートル飛ばせというなら、限られた人のみ、そうです、
まさに才能が重要であると言えるでしょう。

 
しかし、なにも、そこまで飛ばなくても、
100メートル強飛ばせばバッターの完全勝利(KO勝ち)なのです。


野球の仕組みはよくできたもので、ちゃんと、いい打ち方で芯をとらえ、
いい角度で打球が飛んで行けば、100点満点(ホームラン)が
もらえるようになっています。


現にK高校の選手達はそれほど特別な才能を持っていませんが、
ほとんどの選手がホームランを打てるようになるのです。


ましてや、多くは、K高校の選手よりも素質の高い選手が
K高校よりも長時間にわたり、
 
毎日毎日、練習に精進しているのです。
(K高校の試合の無い週末は半日練習です)


公式戦でポカスカとはいかなくても、
せめて、練習や練習試合では100点満点がとれなくては、
やり方が間違っているとしか考えられません。


まじめに練習すれども結果がでない選手の方々、
長時間の練習に励んでも打てるチームをつくれない指導者の方々、
一度頭の中をクリアーにして考え直す必要があるかもしれません。


非合理的な方法で、いくら繰り返し練習しても、
実戦でのパフォーマンスは上がりません。

何事もそうですが、合理的な方法で効率良く練習すれば
成果がでやすいのではないでしょうか…


K高校の打撃力向上は監督さんの合理的な指導方法の
賜物と感じております。

でも、もう少し細かい野球もやらないと、

勝ち上がるのは難しいなぁ・・・

ありがとうございました。

お疲れっす。

昨日からのスポーツ特番等で、ジャパニーズメジャーリーガー

達の一年を振り返った番組を息子達と観ました。

真剣な眼差し、憧れの眼差しで見つめる息子達の顔を見ながら

野球の楽しさをもっともっと味合わせて上げたいと思いました。

これからの子供達が野球を楽しく、今日よりも明日が、

明日よりも明後日が、日々野球が楽しくて仕方無い!!

そう思ってもらえる様な環境を作って上げたい!

そんな事を改めて思いました。

今日まで、ここを訪れて下さった皆様。

本当にありがとございました。引き続き究極のバッティングフォームを

追い続けて行きますので、来年も宜しくお願い申し上げます。

良いお年をお迎え下さい。

皆様にとって素晴らしい新年であります事を心から願います。

ありがとうございました。


それでは、また次回。













JUGEMテーマ:スポーツ



大地からのエネルギー

お疲れっす。



朝晩の涼しさから、やっと秋らしい日々が続いております。
プロ野球では、G軍、日ハムのリーグ制覇。
日本シリーズへ向けての戦いがますます楽しみです。


さて、あらゆるスポーツの中で地上の競技では、地面に踏ん張ったり、
地面を蹴ったりしています。

野球、陸上、サッカー、テニス、ラグビー等々…

地に足を着けて、下半身を安定させた状態で、大地からのエネルギーを活用して、
最大限のパフォーマンスを発揮しようとしています。

野球の場合、バッターボックスの中でも、前の打者の足跡は
キチンと整地してから自分の位置を決めて、スタンスを取ります。

ピッチャーも山の上から、地面に固定されたプレートを使って
投げ下ろして来ます。

スパイクに土が付けば掃ってから次のプレーに備えます。

無意識のうちに大地のエネルギーを活用しようとしているのです。

地に足を付けて大地のエネルギーを活用する事で、
150キロを超える剛速球や、140メートルを超えるホームランが
生まれるのです。



メジャーリーグの球場の地面って固そうですよね???
マリナーズに所属していた佐々木選手。
帰国後、日本のマウンドは軟らかくて投げ難いなんて言っていました。
メジャーのあのグランドの固さは、「大地のエネルギーを・・・」
そんな事を意識して固く造られているのでしょうか?!?何か意図があるのでしょうか!?!




ここのところ、更新滞ってしまいすみませんでした。

それにも関わらず、多数の方々がアクセスして下さり
本当にありがとうございます。

もう少し更新頻度を上げていける様に努めますので
今後とも宜しくお願いします。


それでは、また次回。

試合を決めたのはホームラン

この記事は、先々月の末に書いた物です。アップしたつもりでいましたが、下書き保存の状態でアップしていない事に、今、気付きました。
過去の記事になってしまいますが、その時に強く感じた事なので、ここでアップさせて頂きます。


お疲れっす。



甲子園大会への予選も、全国から続々と代表が出揃ってきました。

我が地元でも先日決勝戦が行われ、代表校が決まりました。

新聞に依りますと、投手を中心とした守りのチームがベスト4まで勝ち上がって来た共通点であると報じていました。


そして優勝を決めたこのチーム、決勝戦まで5試合の戦績は防御率1,06、打率3割1分、失策3、総得点31、本塁打5。


主戦投手と打線がしっかりと噛み合った投打にバランスのとれたチームだったようです。


そして、決勝戦では1点を争う投手戦となる好ゲーム。


しかし、試合を決めたのは2本のホームランでした。



高校野球の甲子園を懸けた決勝戦で、しかも終盤で5番打者が同点ソロ、3番打者が勝ち越しソロを放ち勝負が決まりました。


ここ一番でホームランで試合が決まってしまうなんて高校野球らしからぬ一面も見え隠れしていた様に感じました。


今回優勝を決めた高校の監督さんは、私と同世代。


先日、そんな監督さんの教え子の方とお話する機会がありました。


彼は、約8年前にこの監督さんに高校3年間指導を受けました。

どの様なバッティングを教わったのか聞くと、

「ダウンスイングではなくレベルスイングをイメージしたスイングをしろ!」

「上から下へボールを切る様な、カットする様な打ち方はダメだ!」

と指導を受けたそうです。



一点差を追いかける今回の決勝戦での終盤。


「兎に角ゴロを転がして塁に出よう!」


相手のミスを待って好機を狙う。


こんな考え方が選手やベンチにあったとすればこの2本のホームランは生まれなかったのでは…ないのでしょうか??
私の想像になってしまいますが、そう感じてしまいます。


「狙い球を思い切り良く打って行こう!」



相手のミスを待つのではなく、自分達の力で次の塁を獲得する。


そして、普段の練習から外野を越える打球を打つ感覚を数多く経験していたのではないのでしょうか!?



この監督さん、1アウトからでも送りバントをします。


堅い野球をするのです。 

私と同世代ですから、選手時代には「上から下へ…」を実践していたはずです。


いつからか、指導者としてこの事に気付き、進化し続けて来た、
その結果、甲子園球児が、甲子園監督へなる事が出来たのではないのでしょうか。

甲子園が終わったら、野球を肴にこの監督さんと一杯。


彼の野球を検証してみたいと思います。



それでは、また、次回。

主導(中心となって他を導く)

お疲れっす。

昨日の新聞記事。

ジャイアンツの高橋投手のコメント。

コーチから「もっとゆっくり投げろと」一言注意を受けた。
そして、かつてのチームメイトあの清原選手からも
「もっとゆっくり投げた方がええんちゃうか!
500本ホームランを打ったおっさんからのアドバイスや」
と二人から共通の指摘を受け、その日の試合に生かしたそうです。

所謂、「投げ急ぎ」の状態を指摘された訳です。

左投げの高橋投手、軸足である左足を意識し、
軸足から踏み出した右足側へ体重移動を急がない様に心掛けたそうです。

投手も不調に陥った場合には、下半身と上半身のバランスが崩れ、
「上半身主動」の状態になってしまいます。
ボールを持った手に意識が先行してしまい、
手を速く(腕の速度を上げて)早く(急いで)力いっぱい振ろう等と考え
下半身への意識が薄れてしまいます。


バッティングも同様、強く、速く(速度を上げて)、
早く(振り遅れの無い様に急いで)、振ろうと思う気持ちから
上に意識が言ってしまい「上半身主動」になって
しまうのです。



ナイスピッチング、ナイスバッティング、
ナイスフィールディング、ナイススローイングも
下半身の動きに上半身が付いて来る。

【下半身主導】が基本です。


それでは、また、次回。


模倣

お疲れっす。

最近のプロ野球中継が激減。
子供達とテレビ観戦をしながら
ああだ、こうだと言い合う機会が
少なくなってしまいました。

私が子供の頃のゴールデンタイムと言えば
長嶋に王、欽ちゃんにドリフ、猪木に馬場・・・


さて、皆さんも憧れの選手のモノマネをした経験が
ありませんか?

打ち方や投げ方、走り方、細かい仕草まで、憧れの選手に成りきって打ったり投げたり走ったり。

そして、そんなモノマネが意外とハマッテしまい、
上手く打ててしまった。
そんな事もあったのではないのでしょうか?!

憧れの選手の細かい動きを、好き好んで観察し、真似る事で教え事では吸収しきれない部分が身に付いてしまう様な事もあるのです。
あの選手の様に打ちたい。あの選手の様に速い球が投げたい。

そう強く思い続ける事でモノマネが自分のモノになってしまう。


【模倣】

上達するきっかけを掴んだりする場合もあるようです。


それでは、また、次回。

暑い熱い夏。

お疲れっす。

メジャーを去る事となってしまった桑田選手
同世代の私にとってとても残念な事でした。
今後の去就が注目されていすが、メジャーでのコーチ
も見てみたいものです。

また、甲子園大会も優勝校が決まり、暑い中での
熱い戦いが幕を閉じました。

酷暑の中での試合、ある意味危険かもしれませんね!?
以前とは比較にならない暑さの中での熱戦。
選手もスタンドも命掛けの戦いと言っても良いくらい
過酷な大会でした。

そんな中での、決勝戦。
逆転満塁ホームランは見事でした。
ホームランの前、数球の判定に付いては色々と書かれて
いますが、あの場面でホームランを打った打者は
凄かったと思います。

新聞のデータに依ると、前年比でホームランが減少し
投高打低の傾向にあったとありました。

今大会でのテレビ観戦の中で、ナイスバッティングな
バッティングフォームを前回、前々回の記事の様な
バッティングの瞬間を確認出来ましたか??

快心の当たりのホームランも打ち損じ?と感じられる高いバウンドでの
ゴロも、ここで書いた記事の様な写真になっていたと思います。

プロ野球中継がメッキリ減ってしまいましたが、テレビ観戦から
ナイスバッティングな瞬間のバッティングフォームを確認してみて
下さい。


それでは、また、次回。

プロ野球中継とホームビデオ

お疲れっす。


先日、セントラルリーグの試合を久々にテレビ観戦しました。

そこで驚いたのが、ものすごくゆっくりなスローモーションでのVTR。

特に、打者が打った瞬間の映像は凄いですね。

あの映像を頻繁に見る事が出来れば、プロ野球選手が試合でのバッターボックスで、どんなスイングをしているのかよーく解ります。

まさに、ボールの縫い目が見えるようです。


ホームランやヒットになった打ち方は勿論、打ち損じた時の打ち方もしっかりと見る事が出来ます。


スイング軌道と打球の行方をハッキリと見る事が出来る、素晴らしい映像です。

さて、

私は、息子達に打ち方や投げ方を教える時にホームビデオを活用しています。


公園でのキャッチボールや遊び感覚で硬式テニスのボールを打たせる時にもビデオで記録します。


ビデオに記録する事で、上手く投げられた自分の姿や、上手く打てなかった自分の姿を、子供が自分の目で確認出来ます。


ちょっとした修正が必要な時に、その場で身振り手振りで教えた事が、その場で改善出来る場合もあります。


そんな時は、帰宅後にビデオでチェックすると、ビフォアー・アフターと言った感じで、ぎこちなかったフォームと改善されているフォームを映像として確認出来るので本人も納得です。


ビフォアーの映像を見て「これ、カッコ悪いな〜」

アフターの映像を見て「ほら!カッコ良く出来てるぞ〜」

なんて褒めてあげるとより効果倍増かもしれません。


自分の動きを見ながら確認出来ますので、良いポイントと悪いポイントを的確に伝える事が可能だと思います。


時間をかけて、根本から修正が必要な場合などは特にホームビデオが活躍するのではないのでしょうか。


試合を記録するビデオ撮影は思い出になります。


自分の動きを本人が確認出来るホームビデオ。


もっと活用の価値がありそうです。

それでは、また、次回。

改めまして。

お疲れっす。

ダルビッシュ選手のピッチング、素晴らしいですね。

シビレますね。

さて、私の親友T氏。

現在、整骨医院を営んでおり、子供の頃から野球大好き人間で少年野球から大学まで野球を続けられ、現在でも自軍のチームを持っています。

お仕事柄、骨や筋肉の構造に詳しく、故障を繰り返してしまう選手の動作解析にも鋭い眼を持っています。



そんな彼が、数年前から唱えている理想のバッティングフォームに関する理論をこのブログと言う場所を使い、私が少しづつ書き綴って行きます。


私達が子供の頃から体と頭に叩き込まれた事をクリアーにして頂く事が必要かもしれません。

お父さんが、子供さん達に正しい打ち方を教えてあげる大切なポイントになります。


また、現役プレーヤーの方にも実践して頂ける内容に出来る様、更新して行く
つもりです。


ここを訪問して下さったのも何かのご縁。


今後とも宜しくお願いします。


ダルビッシュのピッチングにしびれレッシュ……
すすすすすみません。

それでは。また次回。








カテゴリー
管理人プロフィール
ブログ内検索
RSS
QRコード:携帯でもご覧になれます。
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links