バッティング指導法を無料公開中

「リアルバッティング理論」
〜運動の原理原則に沿った正しバッティングフォーム〜 無料レポート

冊子イメージ
(PDF 16ページ)

体の構造、運動の原理原則にあった正しいバッティングフォームの指導法をご紹介。 私の経験がみなさまにとって、またその選手にとって有益になれば幸いです。

メールアドレス

(※ ご氏名とメールアドレスのご記入のみで数秒後に、無料レポートをご覧になれるURLを
メールで送信させていただきます。ボタンは決して2度押ししないようご注意ください。
2度押してしまうと今後お送りするメールマガジンが2通送られます。)

無料レポートのご請求をいただくと、野球の上達に役立つ無料メールマガジンもご購読いただけます。

<< 主導(中心となって他を導く) | main | 大地からのエネルギー >>

スポンサーサイト

  • 2010.04.29 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


試合を決めたのはホームラン

この記事は、先々月の末に書いた物です。アップしたつもりでいましたが、下書き保存の状態でアップしていない事に、今、気付きました。
過去の記事になってしまいますが、その時に強く感じた事なので、ここでアップさせて頂きます。


お疲れっす。



甲子園大会への予選も、全国から続々と代表が出揃ってきました。

我が地元でも先日決勝戦が行われ、代表校が決まりました。

新聞に依りますと、投手を中心とした守りのチームがベスト4まで勝ち上がって来た共通点であると報じていました。


そして優勝を決めたこのチーム、決勝戦まで5試合の戦績は防御率1,06、打率3割1分、失策3、総得点31、本塁打5。


主戦投手と打線がしっかりと噛み合った投打にバランスのとれたチームだったようです。


そして、決勝戦では1点を争う投手戦となる好ゲーム。


しかし、試合を決めたのは2本のホームランでした。



高校野球の甲子園を懸けた決勝戦で、しかも終盤で5番打者が同点ソロ、3番打者が勝ち越しソロを放ち勝負が決まりました。


ここ一番でホームランで試合が決まってしまうなんて高校野球らしからぬ一面も見え隠れしていた様に感じました。


今回優勝を決めた高校の監督さんは、私と同世代。


先日、そんな監督さんの教え子の方とお話する機会がありました。


彼は、約8年前にこの監督さんに高校3年間指導を受けました。

どの様なバッティングを教わったのか聞くと、

「ダウンスイングではなくレベルスイングをイメージしたスイングをしろ!」

「上から下へボールを切る様な、カットする様な打ち方はダメだ!」

と指導を受けたそうです。



一点差を追いかける今回の決勝戦での終盤。


「兎に角ゴロを転がして塁に出よう!」


相手のミスを待って好機を狙う。


こんな考え方が選手やベンチにあったとすればこの2本のホームランは生まれなかったのでは…ないのでしょうか??
私の想像になってしまいますが、そう感じてしまいます。


「狙い球を思い切り良く打って行こう!」



相手のミスを待つのではなく、自分達の力で次の塁を獲得する。


そして、普段の練習から外野を越える打球を打つ感覚を数多く経験していたのではないのでしょうか!?



この監督さん、1アウトからでも送りバントをします。


堅い野球をするのです。 

私と同世代ですから、選手時代には「上から下へ…」を実践していたはずです。


いつからか、指導者としてこの事に気付き、進化し続けて来た、
その結果、甲子園球児が、甲子園監督へなる事が出来たのではないのでしょうか。

甲子園が終わったら、野球を肴にこの監督さんと一杯。


彼の野球を検証してみたいと思います。



それでは、また、次回。

スポンサーサイト

  • 2010.04.29 Thursday
  • -
  • 08:44
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク




カテゴリー
管理人プロフィール
ブログ内検索
RSS
QRコード:携帯でもご覧になれます。
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links