バッティング指導法を無料公開中

「リアルバッティング理論」
〜運動の原理原則に沿った正しバッティングフォーム〜 無料レポート

冊子イメージ
(PDF 16ページ)

体の構造、運動の原理原則にあった正しいバッティングフォームの指導法をご紹介。 私の経験がみなさまにとって、またその選手にとって有益になれば幸いです。

メールアドレス

(※ ご氏名とメールアドレスのご記入のみで数秒後に、無料レポートをご覧になれるURLを
メールで送信させていただきます。ボタンは決して2度押ししないようご注意ください。
2度押してしまうと今後お送りするメールマガジンが2通送られます。)

無料レポートのご請求をいただくと、野球の上達に役立つ無料メールマガジンもご購読いただけます。

<< 理想的なバッティングとは | main | 軌道から外れたスイング >>

スポンサーサイト

  • 2010.04.29 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


暑い熱い夏。

お疲れっす。

メジャーを去る事となってしまった桑田選手
同世代の私にとってとても残念な事でした。
今後の去就が注目されていすが、メジャーでのコーチ
も見てみたいものです。

また、甲子園大会も優勝校が決まり、暑い中での
熱い戦いが幕を閉じました。

酷暑の中での試合、ある意味危険かもしれませんね!?
以前とは比較にならない暑さの中での熱戦。
選手もスタンドも命掛けの戦いと言っても良いくらい
過酷な大会でした。

そんな中での、決勝戦。
逆転満塁ホームランは見事でした。
ホームランの前、数球の判定に付いては色々と書かれて
いますが、あの場面でホームランを打った打者は
凄かったと思います。

新聞のデータに依ると、前年比でホームランが減少し
投高打低の傾向にあったとありました。

今大会でのテレビ観戦の中で、ナイスバッティングな
バッティングフォームを前回、前々回の記事の様な
バッティングの瞬間を確認出来ましたか??

快心の当たりのホームランも打ち損じ?と感じられる高いバウンドでの
ゴロも、ここで書いた記事の様な写真になっていたと思います。

プロ野球中継がメッキリ減ってしまいましたが、テレビ観戦から
ナイスバッティングな瞬間のバッティングフォームを確認してみて
下さい。


それでは、また、次回。

スポンサーサイト

  • 2010.04.29 Thursday
  • -
  • 23:47
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク




カテゴリー
管理人プロフィール
ブログ内検索
RSS
QRコード:携帯でもご覧になれます。
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links