バッティング指導法を無料公開中

「リアルバッティング理論」
〜運動の原理原則に沿った正しバッティングフォーム〜 無料レポート

冊子イメージ
(PDF 16ページ)

体の構造、運動の原理原則にあった正しいバッティングフォームの指導法をご紹介。 私の経験がみなさまにとって、またその選手にとって有益になれば幸いです。

メールアドレス

(※ ご氏名とメールアドレスのご記入のみで数秒後に、無料レポートをご覧になれるURLを
メールで送信させていただきます。ボタンは決して2度押ししないようご注意ください。
2度押してしまうと今後お送りするメールマガジンが2通送られます。)

無料レポートのご請求をいただくと、野球の上達に役立つ無料メールマガジンもご購読いただけます。

<< 基本は下半身 | main | 主導(中心となって他を導く) >>

スポンサーサイト

  • 2010.04.29 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


模倣

お疲れっす。

最近のプロ野球中継が激減。
子供達とテレビ観戦をしながら
ああだ、こうだと言い合う機会が
少なくなってしまいました。

私が子供の頃のゴールデンタイムと言えば
長嶋に王、欽ちゃんにドリフ、猪木に馬場・・・


さて、皆さんも憧れの選手のモノマネをした経験が
ありませんか?

打ち方や投げ方、走り方、細かい仕草まで、憧れの選手に成りきって打ったり投げたり走ったり。

そして、そんなモノマネが意外とハマッテしまい、
上手く打ててしまった。
そんな事もあったのではないのでしょうか?!

憧れの選手の細かい動きを、好き好んで観察し、真似る事で教え事では吸収しきれない部分が身に付いてしまう様な事もあるのです。
あの選手の様に打ちたい。あの選手の様に速い球が投げたい。

そう強く思い続ける事でモノマネが自分のモノになってしまう。


【模倣】

上達するきっかけを掴んだりする場合もあるようです。


それでは、また、次回。

スポンサーサイト

  • 2010.04.29 Thursday
  • -
  • 12:45
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク




カテゴリー
管理人プロフィール
ブログ内検索
RSS
QRコード:携帯でもご覧になれます。
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links