バッティング指導法を無料公開中

「リアルバッティング理論」
〜運動の原理原則に沿った正しバッティングフォーム〜 無料レポート

冊子イメージ
(PDF 16ページ)

体の構造、運動の原理原則にあった正しいバッティングフォームの指導法をご紹介。 私の経験がみなさまにとって、またその選手にとって有益になれば幸いです。

メールアドレス

(※ ご氏名とメールアドレスのご記入のみで数秒後に、無料レポートをご覧になれるURLを
メールで送信させていただきます。ボタンは決して2度押ししないようご注意ください。
2度押してしまうと今後お送りするメールマガジンが2通送られます。)

無料レポートのご請求をいただくと、野球の上達に役立つ無料メールマガジンもご購読いただけます。

<< 試合を決めたのはホームラン | main | 腕の力で振ってしまう >>

スポンサーサイト

  • 2010.04.29 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


大地からのエネルギー

お疲れっす。



朝晩の涼しさから、やっと秋らしい日々が続いております。
プロ野球では、G軍、日ハムのリーグ制覇。
日本シリーズへ向けての戦いがますます楽しみです。


さて、あらゆるスポーツの中で地上の競技では、地面に踏ん張ったり、
地面を蹴ったりしています。

野球、陸上、サッカー、テニス、ラグビー等々…

地に足を着けて、下半身を安定させた状態で、大地からのエネルギーを活用して、
最大限のパフォーマンスを発揮しようとしています。

野球の場合、バッターボックスの中でも、前の打者の足跡は
キチンと整地してから自分の位置を決めて、スタンスを取ります。

ピッチャーも山の上から、地面に固定されたプレートを使って
投げ下ろして来ます。

スパイクに土が付けば掃ってから次のプレーに備えます。

無意識のうちに大地のエネルギーを活用しようとしているのです。

地に足を付けて大地のエネルギーを活用する事で、
150キロを超える剛速球や、140メートルを超えるホームランが
生まれるのです。



メジャーリーグの球場の地面って固そうですよね???
マリナーズに所属していた佐々木選手。
帰国後、日本のマウンドは軟らかくて投げ難いなんて言っていました。
メジャーのあのグランドの固さは、「大地のエネルギーを・・・」
そんな事を意識して固く造られているのでしょうか?!?何か意図があるのでしょうか!?!




ここのところ、更新滞ってしまいすみませんでした。

それにも関わらず、多数の方々がアクセスして下さり
本当にありがとうございます。

もう少し更新頻度を上げていける様に努めますので
今後とも宜しくお願いします。


それでは、また次回。

スポンサーサイト

  • 2010.04.29 Thursday
  • -
  • 23:21
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク




カテゴリー
管理人プロフィール
ブログ内検索
RSS
QRコード:携帯でもご覧になれます。
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links