バッティング指導法を無料公開中

「リアルバッティング理論」
〜運動の原理原則に沿った正しバッティングフォーム〜 無料レポート

冊子イメージ
(PDF 16ページ)

体の構造、運動の原理原則にあった正しいバッティングフォームの指導法をご紹介。 私の経験がみなさまにとって、またその選手にとって有益になれば幸いです。

メールアドレス

(※ ご氏名とメールアドレスのご記入のみで数秒後に、無料レポートをご覧になれるURLを
メールで送信させていただきます。ボタンは決して2度押ししないようご注意ください。
2度押してしまうと今後お送りするメールマガジンが2通送られます。)

無料レポートのご請求をいただくと、野球の上達に役立つ無料メールマガジンもご購読いただけます。

<< 後ろ足へパワーを貯める | main | 股関節で感じる >>

スポンサーサイト

  • 2010.04.29 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


後ろ足へパワー・エネルギーを貯める(左打者編)

お疲れっす。

ここまで、少しばかりの画像をアップしてきましたが、

全てが右打者ばかりでしたので左打者の写真もアップ

しますので参考にして下さい。


さて、パワー(エネルギー)をどこへ貯めるのか?!



前足を上げて、あまり前足を上げずに

それぞれの形でタイミングを合わせながら

後ろ足へしっかりと「体重=パワー(エネルギー)」をのせます。



この状態では次の事を意識します。

‖の裏、土踏まずの辺りでしっかりと地面を捉える。
 (小指側、踵寄り、へ傾かない)

膝から太股へ体重、ストレスを感じる。
 (膝が外側、捕手側へ割れない)


この後、「パワー(エネルギー)」は前足側へ移動を始めます。

そして、「パワー(エネルギー)」が移動し始めるのと同時に ↓△範携して

最大にストレスを感じるのは股関節です。

膝、太股、股関節、それぞれにかなりのストレスを感じたまま

「パワー・エネルギーの移動」「パワー・エネルギーの伝達」が始まります。

前の記事の写真も、今回の写真も、良く見る機会のある

バッティングフォームのひとコマです。

日頃、バッティング練習の繰り返しの中で、手にマメを作りながら

苦しい練習をしてきた経験は数多くあると思います。

更に下半身の動きをしっかりと意識しながらバッティングフォームの

チェックをしてみると、後ろ足に感じるストレスはかなりのモノがあります。


それでは、また次回。



JUGEMテーマ:スポーツ



スポンサーサイト

  • 2010.04.29 Thursday
  • -
  • 23:04
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク




カテゴリー
管理人プロフィール
ブログ内検索
RSS
QRコード:携帯でもご覧になれます。
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links