バッティング指導法を無料公開中

「リアルバッティング理論」
〜運動の原理原則に沿った正しバッティングフォーム〜 無料レポート

冊子イメージ
(PDF 16ページ)

体の構造、運動の原理原則にあった正しいバッティングフォームの指導法をご紹介。 私の経験がみなさまにとって、またその選手にとって有益になれば幸いです。

メールアドレス

(※ ご氏名とメールアドレスのご記入のみで数秒後に、無料レポートをご覧になれるURLを
メールで送信させていただきます。ボタンは決して2度押ししないようご注意ください。
2度押してしまうと今後お送りするメールマガジンが2通送られます。)

無料レポートのご請求をいただくと、野球の上達に役立つ無料メールマガジンもご購読いただけます。

<< 股関節から骨盤へそして上半身へ | main | ありがとうございました。 >>

スポンサーサイト

  • 2010.04.29 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


バッティング練習で疲れるのは腕・足?

お疲れっす。

このオフも日本人メジャーリーガーが誕生しています。
そして、その年俸と言えば凄い金額になっています。
複数年で数十億円・・・その影には敏腕代理人Mrハセガワ!
彼もかなりのやり手の様です。


さて、先日社会人野球(硬式野球)で活躍されている方と
お話する機会がありました。

都市対抗、日本選手権等で活躍されている現役の方です。
昨年度は内野手で年間のベストナインに選出された名手です。

そんな名選手、バッティング練習で一番疲労感を感じるのは

後ろ足だとおっしゃっていました。

後ろ足、足の裏側と太股の内側にかけてかなりの疲労感を

感じるとの事でした。

やはり、後ろ足へしっかりと体重を乗せた状態で始動し、その

体重を感じたまま打つ。

そして、打球の方向は反対方向へ打つ事を意識して練習を繰り返して

行っているそうです。

反対方向とは、右バッターであれば右中間からライト方向へ

左バッターであれば左中間からレフト方位へ打つ事です。

子供さんの場合、遠くへ飛ばしたい!鋭い打球が打ちたい!

こう思えば思うほど腕に力が入り、バットを振り回してしまいます。

腕の力だけでバットを振ってしまうのです。

結果、所謂「ドアースイング」バットのヘッドが遠回り・・・

打球は引っ掛けたような打球にしかなりません。

この「ドアースイング」をさせない為にも逆方向へ打つ事は

効果的です。そして、逆方向へ強い打球を打つのには足が使えないと

強い打球は打てません。

大地にしっかりと両足を据えて、下半身で打つ。

腕に疲労感を感じるよりも、後ろ足、下半身に疲労感を

感じるようなバッティング練習が出来れば、理想的なバッティングフォーム

で打つ事が出来ているのかもしれません。



それでは、また次回。














JUGEMテーマ:スポーツ


スポンサーサイト

  • 2010.04.29 Thursday
  • -
  • 23:12
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク




カテゴリー
管理人プロフィール
ブログ内検索
RSS
QRコード:携帯でもご覧になれます。
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links