バッティング指導法を無料公開中

「リアルバッティング理論」
〜運動の原理原則に沿った正しバッティングフォーム〜 無料レポート

冊子イメージ
(PDF 16ページ)

体の構造、運動の原理原則にあった正しいバッティングフォームの指導法をご紹介。 私の経験がみなさまにとって、またその選手にとって有益になれば幸いです。

メールアドレス

(※ ご氏名とメールアドレスのご記入のみで数秒後に、無料レポートをご覧になれるURLを
メールで送信させていただきます。ボタンは決して2度押ししないようご注意ください。
2度押してしまうと今後お送りするメールマガジンが2通送られます。)

無料レポートのご請求をいただくと、野球の上達に役立つ無料メールマガジンもご購読いただけます。

<< インパクトまでの軌道2 | main | 片手でノック >>

スポンサーサイト

  • 2010.04.29 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


インパクトまでの軌道3

お疲れっす。

トップの位置や形は人それぞれです。

プロ野球選手を見ても打席に立った時の形は

色々な特徴があります。

しかし、ボールを打つ為の動作に入った瞬間からは

殆んどが共通した動きになってきます。

インパクトまでの軌道の初期段階での手の動きに注目してみます。

特に後ろ側の手です。

右バッターであれば右手、

左バッターであれば左手です。

トップの位置から打つ動作に入った時の

後ろ側の手の形ですが、通常はこの様に

手のひらが上を向いた状態になっています。



右肘をたたみ、右脇が閉まった状態で後ろ側の手のひらが上を向いています。

投手から投げ込まれて来るボールの軌道に合わせて、

バットを振りにいっています。

この画像は、胸のマークとベルトの中間程の高さで

真ん中よりややアウトコース気味のボールをライト方向へ

ヒットしています。

インコースなのかアウトコースなのか、高目なのか低目なのか

打とうとしているボールの軌道に合わせてこの形になっています。

子供さんへの簡単な教え方としては、後ろ側の手で空手チョップです。

空手チョップ=水平打ちです。



それでは、また次回。



JUGEMテーマ:スポーツ

スポンサーサイト

  • 2010.04.29 Thursday
  • -
  • 23:10
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク




カテゴリー
管理人プロフィール
ブログ内検索
RSS
QRコード:携帯でもご覧になれます。
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links