バッティング指導法を無料公開中

「リアルバッティング理論」
〜運動の原理原則に沿った正しバッティングフォーム〜 無料レポート

冊子イメージ
(PDF 16ページ)

体の構造、運動の原理原則にあった正しいバッティングフォームの指導法をご紹介。 私の経験がみなさまにとって、またその選手にとって有益になれば幸いです。

メールアドレス

(※ ご氏名とメールアドレスのご記入のみで数秒後に、無料レポートをご覧になれるURLを
メールで送信させていただきます。ボタンは決して2度押ししないようご注意ください。
2度押してしまうと今後お送りするメールマガジンが2通送られます。)

無料レポートのご請求をいただくと、野球の上達に役立つ無料メールマガジンもご購読いただけます。

<< インパクトまでの軌道3 | main | インパクトまでの軌道4 >>

スポンサーサイト

  • 2010.04.29 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


片手でノック

お疲れっす。

先日、息子達のチームの夜間で体育館での練習へ参加しました。

二時間ほどの練習ですが、後半の1時間はティーバッティングと

ノックに分かれます。

私にはノックをする様にコーチからの指示が出ました。

ノックと言っても硬式のテニスボールを使い、バスケットコート縦方向の距離で

行います。

私は、息子のバットを手に、大きくバウンドする打球を打ち、子供達には

思い切り良く前進して捕るように指示しました。

限られた時間の中ではノックの間隔を短くし、テンポ良く次から次へと

打ち、子供達が一本でも多く打球を受けられる様に挑みました。

その際、左手にボールを4っつ持ち、右手一本でノックをしました。

距離も近いですから、速い、強い打球は打てませんし、必要ありません。

トスしては打つ、トスしては打つ、を効率良く打つ為の工夫をした訳です。

この時に、あ〜っと改めて感じた事。

今書いているインパクトまでの軌道。

後ろ側の手の使い方とバットとボールがどの様に当たればボールがどう飛

んで行くのかがよーく分かりました。

高いバウンドのゴロを打つ為には、やはり下方向へバットを振り、ボールと

バットが正面衝突する様に打たなければなりません。

しかし、下方向へ振ったバットでボールを切る様に打ってしまうと、

力の無い、バウンドの低いボテボテのゴロになってしまいます。

では、ライナー制の打球を打とうとした時、バットを水平か、斜め上方向へ

意識を向けて振らないとライナー制の打球は飛びません。

そしてここでも、水平に近く振っているつもりのバットがボールの上側を

こする様に打ってしまうと、これもまたゴロになってしまいます。

しかしこのゴロは、カット打ちをしてしまった打球とは異なり、

やや勢いづいたゴロになりました。

また、同じバットの軌道でボールの下をくぐるように打ってしまえば、

ふわりと上がる小さなフライになりました。


今回、私にとっては子供用の軽いバットを使った事。
硬式のテニスボール、これも少年野球用のボールより軽くて反発力の良い事。
打つ距離も短く、余計な力を必要としなかった事。

この条件の中で、バッターにとって後ろ側の手、とは、ボールを捕える上で、

かなり重要な役割がある事を再認識しました。

近い距離で余分な力を必要としないノックでの片手打ち

手の使い方の練習方法として有効であること再確認出来ました。


それでは、また次回。

JUGEMテーマ:スポーツ

スポンサーサイト

  • 2010.04.29 Thursday
  • -
  • 23:44
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク




カテゴリー
管理人プロフィール
ブログ内検索
RSS
QRコード:携帯でもご覧になれます。
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links