バッティング指導法を無料公開中

「リアルバッティング理論」
〜運動の原理原則に沿った正しバッティングフォーム〜 無料レポート

冊子イメージ
(PDF 16ページ)

体の構造、運動の原理原則にあった正しいバッティングフォームの指導法をご紹介。 私の経験がみなさまにとって、またその選手にとって有益になれば幸いです。

メールアドレス

(※ ご氏名とメールアドレスのご記入のみで数秒後に、無料レポートをご覧になれるURLを
メールで送信させていただきます。ボタンは決して2度押ししないようご注意ください。
2度押してしまうと今後お送りするメールマガジンが2通送られます。)

無料レポートのご請求をいただくと、野球の上達に役立つ無料メールマガジンもご購読いただけます。

<< 片手でノック | main | インパクトまでの軌道5 >>

スポンサーサイト

  • 2010.04.29 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


インパクトまでの軌道4

お疲れっす!

インパクトまでの軌道の中で後ろ側の手、

手のひらが上を向いた状態でボールを打つ準備に入っています。

そしてインパクトまで、手のひらが上を向いたままの形を

保ちます。





バットと言う道具を持って、ボールを打ち返そうとする時に

一番力を伝えやすい手の形になっているのです。

力をどの方向へ向けるのか

バットを振ってボールを打つ。

ボールをどの方向へ打ち返したいのか

その打ち返す方向へ力を伝えなければなりません。

例えば、ノックでキャッチャーフライを打とうとする時

バットを上へ向けて振ります。

通常のバッティングの動作ではありえない打ち方ですが、ノックという

自分がトスしたボールを自分の意志で自分の真上にボールを打ちたいと

思って打つと考えてください。

ノックでボールを真上へ打つためには真上へ向けて振らなければ

キャッチャーフライは打てません。

また、インパクトまでの利き腕(バッターにとって後ろ側の腕)の動きは

サイドスローでボールを投げるときの腕の動きがイメージできます。


それでは、また次回



JUGEMテーマ:スポーツ



スポンサーサイト

  • 2010.04.29 Thursday
  • -
  • 09:06
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク




カテゴリー
管理人プロフィール
ブログ内検索
RSS
QRコード:携帯でもご覧になれます。
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links