バッティング指導法を無料公開中

「リアルバッティング理論」
〜運動の原理原則に沿った正しバッティングフォーム〜 無料レポート

冊子イメージ
(PDF 16ページ)

体の構造、運動の原理原則にあった正しいバッティングフォームの指導法をご紹介。 私の経験がみなさまにとって、またその選手にとって有益になれば幸いです。

メールアドレス

(※ ご氏名とメールアドレスのご記入のみで数秒後に、無料レポートをご覧になれるURLを
メールで送信させていただきます。ボタンは決して2度押ししないようご注意ください。
2度押してしまうと今後お送りするメールマガジンが2通送られます。)

無料レポートのご請求をいただくと、野球の上達に役立つ無料メールマガジンもご購読いただけます。

<< 両打ちの効能についてです | main | 身体の各パーツに逆方向への刺激が入ると… >>

スポンサーサイト

  • 2010.04.29 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


両打ちの効能についてです 3

 今回は前々回からの『両打ち』の
続編としてお話しさせて頂きます。


1.ボディバランスが良くなる

2.身体の巧緻性がアップする

3.プレーヤーとしての可能性が膨らむ

4.技術の引き出しが多くなる



今回は3についてです。



野球に関するブログはこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
3.プレーヤーとしての可能性が膨らむ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

野球は監督以下、スタッフ、チームに属する
選手全員が一つになって勝利をめざすスポーツです。
 
しかし、プレーヤーたる者、本音を言えば、
やはりゲームに出る事が最優先と考えるでしょう。
 

ゲームにでて活躍し、
さらに上のステージにチャレンジする。
 
野球に限らず何の競技でも、
この繰り返しでステップアップしていきます。
 

メンバー外の選手に大学、社会人、プロから
声がかかるという話はあまり聞いた事がありません。
 

ところが、簡単にゲームにでるといっても、
名門大学や有名私立のように

部員が100人を超えるような
大所帯では一つのポジションに、

同じ位の力量の選手が
数多く凌ぎを削っているのが現実です。
 


そんな環境下、同じポジションの選手で
走・攻・守・心・技・体の平均点が

同じくらいの選手の中に
スイッチヒッターがいれば、

私はスイッチヒッターを
スタメンにチョイスすると思います。
 

相手投手のタイプに関係無く
スターティングラインナップに名を連ねられる

スィッチヒッターはとても
使い勝手がいいユーティリティーな駒なのです。

(アマチュアは予告先発という
取り決めが無いのでなおさらです。)
 

例えば、右バッターが
右横手投げの投手を苦手にしたり、

左バッターが左投手を
苦手にすることは多々あります。
 


私の高校時の仲間で対右投手には
3割以上の打率があるのに、

対左投手の打率は1割に満たない
左バッター(右投げ)もいました。
 

これは極端な例としても、
苦手というのは誰にも存在します。
 
カブスの福留選手ほどの選手でも、
先発投手が右投手ならば

クリーンナップにオーダーされるのに、
左投手の時はスタメンから外されることもあるほどです。
 

しかし、打席を自分でチョイスできれば、
負け戦(打てそうにない相手だな〜)
を回避できるのです。
 

ちなみに、このメルマガに
再三名前が出る関甲信学生野球に属する
上武大学も部員約130名程で活動していますが、

過去5年間に1年生で『定位置』をとったのは
藤原逸平(遊学館→上武大学→ホンダ鈴鹿)と
目黒聡(東海大相模→上武大学→NTT東日本)と
加藤翔平(春日部東→上武大学在学中)
の3名だけですが、

藤原君と加藤君はスイッチヒッターです。
 

このように、まずゲームに出場するチャンスが
増えるというメリットもあると思います。
 
さらに、可能性という観点からみると、
人間は人それぞれ機能が異なります。
 

各々の効き目、利き手、利き足、
メインモーター、軸の作り方等々、

様々な組み合わせにより肉付され、
個人のフォームがつくられていくのです。
 

何が“はまる”かわかりません。
 

イチロー選手が右打ちだったら、
世界一の安打製造機になっていたかどうか???
 

松井稼頭央選手がスイッチヒッターで
無かったらメジャーでレギュラーとして
活躍できたかどうか???
 

あるいは、松井秀樹選手が右打ちだったら、
メジャーでホームラン王争いをするような
バッターになっていたとか・・・
 

そうなのです、選手の将来は敏腕スカウトにも、
占い師の細○数〇さんにもわからない、
まさに神のみぞ知る領域なのです。
 
だからこそ、限界をつくらないという意味でも
幼少年期に色々な経験(ここでは両打ち)を
させてみることをお勧めするのです。


スポンサーサイト

  • 2010.04.29 Thursday
  • -
  • 09:56
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする












カテゴリー
管理人プロフィール
ブログ内検索
RSS
QRコード:携帯でもご覧になれます。
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links