バッティング指導法を無料公開中

「リアルバッティング理論」
〜運動の原理原則に沿った正しバッティングフォーム〜 無料レポート

冊子イメージ
(PDF 16ページ)

体の構造、運動の原理原則にあった正しいバッティングフォームの指導法をご紹介。 私の経験がみなさまにとって、またその選手にとって有益になれば幸いです。

メールアドレス

(※ ご氏名とメールアドレスのご記入のみで数秒後に、無料レポートをご覧になれるURLを
メールで送信させていただきます。ボタンは決して2度押ししないようご注意ください。
2度押してしまうと今後お送りするメールマガジンが2通送られます。)

無料レポートのご請求をいただくと、野球の上達に役立つ無料メールマガジンもご購読いただけます。

<< 両打ちの効能についてです 3 | main | 高校野球の秋季大会 >>

スポンサーサイト

  • 2010.04.29 Thursday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


身体の各パーツに逆方向への刺激が入ると…



野球に関するブログはこちら



うっとうしい季節がやってまいりました。

この時期は食中毒、熱中症、
冷たいもののとりすぎによる消化器系の不調、

雨のためにグランドでの練習が
思うようにできない精神的ストレス等々・・・


体調管理が難しいですが、
指導者並びに選手の方々は細心の注意を払い
ベストコンディションを保って下さい。


それでは今回も参りましょう。


『両打ち』の続編として
お話しさせて頂きます。


1.ボディバランスが良くなる

2.身体の巧緻性がアップする

3.プレーヤーとしての可能性が膨らむ

4.技術の引き出しが多くなる



今回は「4技術の引き出しが多くなる」
についてです。



これについては

2身体の巧緻性がアップする
3プレーヤーとしての可能性が膨らむ

と、内容が多少オーバーラップ
するかもしれませんが、


“両打ち”のまとめとしての
お話をさせて頂きます。

身体の各パーツに逆方向への
刺激が入る事によって、

今まで使われていなかった為に
眠っていた機能が目を覚ます事が期待できます。


また、各組織が今まで経験した事のない範囲まで
動かされるので各パーツの可動域が拡大されます。


例えば、右バッターの右腕は
スイング動作の中で、

上腕部の内転、内旋、肘の伸展、
前腕部の回内動作によって遂行されます。


左打ちでの右腕の動きは

上腕部の外転、外旋、肘の伸展、
前腕部の回外動作となり、

未経験の動き、
可動域を知ることになります。


とはいえ、右腕自体は、
ほぼ同じ通り道を往復します。

言い換えるとスイングを
なぞる動作になります。

また、この“行ったり来たり”(往復)の
“なぞり”が、行き(往)の動きの
精度を高めるらしいのです。


よって、より右腕の動きが強く正確、
かつリピータブルになり、

その結果、軌道も安定し
スイングの精度も高まるでしょう。


これが、身体の各部位で行われる事になりますので、
今までできなかった事が出来るようになったり、
身体全体としてのビルドアップも期待できます。


もう一点、各パーツの技術的な引き出しだけで無く、
打席の引き出しも多くなります。

前号でも、ゲームに出るチャンスが
増えるという点に触れましたが、
今回はもっと飛躍したお話です。

大学、社会人、プロは年間を通すと
リーグ戦での試合が圧倒的に多くなります。


必然的に何度も同じ投手と
対戦するケースがでてきます。


すると、当然、個人的に得意な投手、
苦手な投手が浮き彫りになります。


もっと細かく言うと

『あの投手のあの球種がどうしても打てない』
というケースもでてきます。



自身の経験ですが、
私は小学生の時は両打ちでしたが、
中学生からは右投げ左打ちになりました。


高校生になって鋭い変化球を投げ込んでくる投手と
数多く対戦する事になりますが、

私は変化球の中で、落ちる系と逃げる系のボールは
比較的、苦にしなかったのですが、

右投手のスライダー系、左投手のシュート系といった
食い込んでくるボールに大変苦労しました。

高校生の時、練習中に遊びで行った右打席の方が、
よほど上手く対処できました。

今、思い起こすと自身の弱点を知ったところで、
両打ちを続けておけばよかったと後悔しています。

そして、スイッチヒッターだからといっても、

右投手は左打席で打たなくては
いけないという決まりはありません。


私に置き換えると、
右投手でも横滑り系のボールを駆使する投手には
右打席で打つということもオッケーなのです。


前回のメルマガにも記したように負け戦を回避して、
自分の有利な状況をつくる事も可能なのです。


以上数回にわたり、

長々と両打ちについて述べてまいりましたが、
少しは両打ちに興味を持っていただけたでしょうか?

遊び感覚で構いません。

ぜひトライしてみて下さい。

特に小中学生にはマルチビタミン的な
エクササイズだと思います。


体の構造を最大限に活かしたスイングをゼロから
わかりやすく丁寧に映像で説明しています。
⇒ スラッガー育成プログラム



スポンサーサイト

  • 2010.04.29 Thursday
  • -
  • 17:38
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
右投げが左投げをしても同じ効果を得られますか
  • kazu
  • 2012/07/04 11:56 AM
コメントする












カテゴリー
管理人プロフィール
ブログ内検索
RSS
QRコード:携帯でもご覧になれます。
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM
sponsored links